プエラリアの過剰摂取に注意

バストアップサプリとして有名なプエラリアは学名からプエラリア・ミリフィカとも呼ばれています。タイ原産の植物の根から採取されますが、現地では古くからイモとして食用にされています。

プエラリアは女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを大豆の40倍も含んでいると言われています。ところがプエラリアにはイソフラボンよりもさらに女性ホルモンの活性力の強いミロエストロールやデオキシミロエステロールを含んでいます。

これらの成分は医薬品のホルモン剤と同等の効果があるので、更年期障害やホルモン置換療法の医薬品としての利用が研究されていましたが、効果の遅効性、持続性などの問題があって開発が断念されました。しかし、プエラリアの女性ホルモンのような作用は美肌やバストアップに効果があるとされて、サプリメントに利用されています。

女性ホルモンのような作用のある成分の過剰摂取は副作用を考えなくてはなりません。日本人は豆腐や味噌などからも大豆イソフラボンを摂取しているので、食事以外で摂取する上限を1日30mgとされています。プエラリアに含まれるイソフラボンは大豆のほぼ40倍であり、さらに強力な活性力のあるミロエストロールを含んでいるので摂取には注意が必要です。

現地のタイではプエラリアの摂取量は1日100mgまでとされています。さらにタイでは厳しい輸出制限がされているので入手が困難であるとされています。また、植物のプエラリアの判別は現地の人でも非常に困難であり、異物の混入やプエラリアが含まれない可能性もあるとされています。

平成16年にプエラリアを含む商品のDNA分析を行ったところ12品中6品にしかプエラリアの遺伝子配列が検出されませんでした。

プエラリアを含むバストアップサプリの購入の際には信頼できるメーカーから購入する必要があります。でも、成分表示ほどプエラリアの成分が含まれていなければ過剰摂取の心配は少なくなるかもしれませんね。

ヒアルロン酸でプルプル肌

女性に人気のヒアルロン酸サプリメントですが、ヒアルロン酸は元々人の体内で作られる成分なのです。それが20歳頃をピークに次第に体内で作られる量が減少してしまうのです。

ヒアルロン酸は1グラムで6リットルの水分を保持することができると言われています。人の髪や肌の潤いはヒアルロン酸が水分を含んでいるからなのです。ところが加齢とともにヒアルロン酸が減少するということは、肌が水分を失ってシワやたるみができてしまうということになります。

水分を失い乾燥した肌は弾力を失い、シワやたるみを作って肌老化が起こります。ヒアルロン酸を摂取することは肌に潤いを与えて、若返るということなのです。しかし、肌の若返りにはヒアルロン酸だけでは足りません。ヒアルロン酸は肌の水分を保持するだけで、肌のハリや弾力を作っているのはコラーゲンなのです。

コラーゲンの線維が組み合わさって、スプリングのように肌に弾力を与えています。その隙間を水分を含んだヒアルロン酸が埋めているのです。したがって、潤いとハリのある肌を目指すにはヒアルロン酸とコラーゲンが必要なのです。ヒアルロン酸を補うときにはコラーゲンも忘れないようにしましょう。

最近はヒアルロン酸配合の化粧品もあります。クリームや化粧水にもヒアルロン酸配合の製品があるので、化粧品で外部から補い、サプリメントで内部から補うようにすれば、肌トラブルを減らし、水分をたっぷり含んだ赤ちゃんのような肌も目指せるかもしれません。

健康食品ゴマペプチド

人は歳を重ねると、だんだん老化が始まり体の不調があらわれ始め、血圧が高くなってくると言われています。そして、年々血圧が高めで悩む人が増加しているといいます。血圧が高いと、さまざまな病気にも大きく関わってきます。

血圧が高くて、脳の病気になり、倒れてしまうという人もいるので、ささいなことでも、注意が必要です。そんななか、ゴマペプチドが高血圧で悩む人達から信頼をされていると言われています。

ゴマペプチドとは、アミノ酸の結合体の一種と言われています。健康的な体を作り上げていくという効果があり、体に必要不可欠と言われている良質なアミノ酸がたっぷり含まれていています。ゴマペプチドには抗酸化作用があるとも言われていて、老化を防止するという効果もあり、女性の若返り方法としても取り上げられています。そして、血圧を下げるという大きな効果をもっています。

天然のゴマから抽出されるということで、副作用もなく、体に安心、安全と言われています。ゴマペプチドを含んだサプリメントや、ドリンクタイプの商品があります。サプリはビタミンなど、他の成分が含まれているものが多く、お水で手軽に補うことが出来ます。

ゴマペプチドを含んだドリンクは、麦茶と合わせた商品で、毎日飲み続けると、血圧が下がってきたという人が続出していると言われています。大手の会社から発売されているというところも、人気の理由です。ドリンクタイプは、お食事といっしょに飲むという手軽さがあり、味が美味しいとも言われています。

血液中のアンモニア濃度が上がると

血液中のアンモニアは食事でとったたんぱく質が腸管内で分解代謝されて生成されます。アンモニアは「NH4+」または「NH3」の形で生成され、「NH3」には強い神経毒作用があります。そのためアンモニアは肝臓に送られて毒性の低い尿素に変換されたのち腎臓から排泄されます。

肝機能に障害があったり先天性尿素サイクル酵素欠乏症などで、血液中のアンモニア濃度が上昇しますが、肝機能の低下による場合は、非常に高い肝機能の低下があると考えられます。肝臓の予備能力が高いため肝臓の障害が大きくなって初めて症状が現れてくるのです。

血液中のアンモニア濃度が高い場合、肝障害の他に門脈体循環シャントが生じていることがあります。門脈体循環シャントはアンモニアを多く含む血液が肝臓を通らずに身体全体に流れます。肝臓を通らないために無毒化されない血液が身体中に流れることになります。

アンモニア濃度が高い血液は肝性脳症と呼ばれる意識障害を引き起こします。しかし、血液中のアンモニア濃度と肝性脳症の症状が必ずしも相関しないために、アンモニアのみで引き起こされているのではないとも考えられます。

肝性脳症に対する処置としては、内服薬や、特殊なアミノ酸製剤によって血液中のアンモニア濃度を下げ、アンモニアに代謝されるたんぱく質の摂取を制限します。

「AGE」が老化を促進する

体内で発生する活性酸素による「酸化」が細胞やDNAを傷つける事によって老化が起こるとされていますが、実は最近特に注目されているのが「糖化」という現象です。糖化によって生成されるAGEが老化の原因であることが判ってきました。

AGEは単一の物質ではなく多くの種類が存在するので複数形にして「AGEs」と表されることもあります。AGEはAdvanced Glycation End Productsの略で後期糖化生成物、糖化最終産物などと訳されます。「年齢」のageとは関係ないのですが老化に深くかかわる物質なのです。

糖化はたんぱく質や脂質が糖と結合する反応のことです。メイラード反応とも呼ばれ褐色のAGEを生成しますが、このAGEは食品にとっては重要な要素となっています。唐揚やケーキのきつね色などはAGEによるもので、香ばしい香りもAGEなのです。

加熱によって糖化反応は活発に行われますが、常温でも糖化は起こっています。体内では血液中のブドウ糖によって糖化が起こっています。血管や臓器のコラーゲンは血液中のブドウ糖と反応してAGEを生成し、コラーゲンを変質させてしまいます。血管や臓器の老化が起こっているのです。皮膚のコラーゲンが糖化されると、黄ばんで透明感のない肌になってしまいます。肌の老化です。

AGEは体内でも生成されますが、食品からも摂取されています。どうしても避けられないAGEですが、アンチエイジングを心がけるならば、AGEを溜めない生活習慣が大切になります。糖質を控えた食事も大切ですが、間食などはしないようにして、血液中のブドウ糖濃度が高い状態を持続させないようにしましょう。運動をすることも有効です。