肌の乾燥対策と手入れ

年齢とともに肌の角質のバリア機能は低下していきます。肌の表面を覆うようにして存在している角質は、外部からの刺激や細菌などの侵入を防いだり、内部の水分の蒸発を防いで肌の潤いを保っています。乾燥肌は肌荒れだけでなく健康面でもよくないのです。

角質層の細胞の間を埋めるようにして存在しているのがセラミドです。セラミドが不足すると細胞の間に隙間ができて、肌が乾燥しやすくなります。乾燥した肌は角質のバリア機能が低下して、外部の刺激に対して抵抗力がなくなったり、刺激に対して過敏に反応します。アトピー性皮膚炎などの患者さんにはセラミドが不足している事が多いのです。

乾燥している肌に乳液やクリームなどの油分を肌に塗ると水分の吸収ができなくなります。乳液やクリームを塗る前に化粧水や美容液などで肌に水分をたっぷり与えるようにして、肌の乾燥している部分に乳液やクリームを使うようにしましょう。

洗顔は肌が潤うしっとりタイプよりもさっぱりと洗えるタイプのもので、泡立てて顔を包み込むようにして洗います。その後、ヒアルロン酸などの保湿成分の配合された化粧水をたっぷり使用して、肌に水分を補います。乳液、クリームなどはセラミドが配合されているものを使用すると角質のバリア機能が高まり、保湿効果が高くなり潤いのある肌を維持することができます。