有機ゲルマニウムは鉱物ではない?

本来は鉱物であるゲルマニウムは植物が長い年月をかけて吸収して有機ゲルマニウムになります。毒性のある無機ゲルマニウムが植物によってゲルマニウムを含む有機物に作りかえられるのです。

有機ゲルマニウムを多く含む植物には霊芝、高麗人参、ニンニク、田七人参、アロエの葉、クコの実、ハトムギの種子など漢方や健康食品で良く使われる物ばかりです。しかし、植物に含まれる有機ゲルマニウムの量は微量で、サプリメントにするには膨大な量の植物が必要になります。

それを解決できたのは、化学的な方法で有機ゲルマニウムが合成できるようになったからです。そして有機ゲルマニウムのいろいろな有用性が判明してきました。

有機ゲルマニウムには抗酸化作用、免疫機能を高める、血液をサラサラにする、鎮痛効果などさまざまな効能があります。

有機ゲルマニウムには強い抗酸化作用があり、活性酸素を無害にするだけでなく、酸化された物質の還元を助ける作用もあるようなのです。

免疫をつかさどるインターフェロンの産生を促し、ウイルスに対する免疫力を高めます。がんの治療に使われるインターフェロンと違って体内のインターフェロンを増やすので強い副作用がなく、安心して使うことができます。

有機ゲルマニウムは赤血球の表面を柔らかくして、毛細血管を通り抜けやすくします。赤血球はもともとは柔軟性があり、赤血球より狭い毛細血管を変形してするりと抜けることができますが、古い赤血球は表面が硬くなり柔軟性がなくなります。柔軟性を失った赤血球が増えると毛細血管を通りにくくなり、いわゆるドロドロ血液になります。

有機ゲルマニウムはモルヒネに匹敵する鎮痛効果があり、モルヒネのような習慣性や意識を朦朧とさせるようなことがないのです。