気軽にできる血液検査

血液検査と言えば健康診断の時や病院でしかできないと思っていませんか。実は現在では血液の分析技術や分析器の精度が向上したこともあって、一滴の血液からでも多くの情報が得られるようになっているのです。たとえば、糖尿病の検査項目であるHbA1cの検査が薬局の店頭で簡単に行ったり、ワンコインで特定の項目の血液検査ができたり、郵送でできる血液検査もあるのです。

足立区と徳島県の一部では「かくれ糖尿病」の掘り起こしのために、薬局の店頭に専用の分析機械を設置して主婦などを対象にしてHbA1cの血液検査を実施しています。今や糖尿病は国民病とも言われてるので、普段健康診断を受けられない人の中に潜む糖尿病予備軍を見つけ出して、早期治療を促す目的で行われています。

東京の中野ではワンコインの500円で血液検査ができます。と言っても500円でできるのは血糖値、中性脂肪、総コレステロールなどのひとつの項目で、HbA1cは1000円になります。血液検査の他にも骨密度や肺年齢、ドライアイなどの検査やセットメニューなども用意されています。やはり主婦や自営業の人、メタボが気になるサラリーマンなどに人気があるようです。

郵送でできる血液検査は本格的な検査をすることができます。検査項目も非常に多く、生活習慣病やがん検査、性病検査まで幅広く、多くの項目に渡って検査をすることができるのです。そして、結果はインターネットで知ることができるのでパソコンやスマホなどで確認することができます。忙しいビジネスマンや匿名で検査をしたい人に利用されているようです。

ここで紹介した血液検査は自分で採血する必要がありますが、針で指先を刺して血液を一滴採取するだけで簡単にすることができます。自分は健康だと思っていても、生活習慣病は自覚症状もなく進行してしまいます。時々は血液検査を受けて健康チェックを欠かさないようにしましょう。