「DHA」の特徴と効果

DHAとは必須脂肪酸と呼ばれていて体内では合成できない成分です。正式にはドコサヘキサエン酸の略で主に脳細胞の神経組織を構成しています。体内のDHAが減少すると脳神経の伝達や発達が遅れてしまったり視力や学習能力にも悪影響が出てきます。

現在判明している疫学的な観点からはDHAを食事によって補給する事で神経細胞のシナプスに取り込まれ脳にとって良い効果をもたらす事が分かっています。その他にも血液の流動性が高まることで血栓が出来にくくなったり、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させることで多くの病気を改善させる効果もあります。

DHAは魚類に多く含有されており、その中でもマグロの目の周囲には沢山含まれています。その他の魚で毎日の必要摂取量を満たすならサンマかイワシでも充分な量を摂取する事が出来ます。調理の際にはDHAを逃がさないように煮物にしたり、酸化を防ぐために他のビタミンも取り入れる工夫をすれば効率的に摂取することが出来ます。

DHAは年齢と共に減少していき認知症の原因にもなっています。従ってDHAを意識して多く摂取する事で脳の学習能力が向上し記憶力も増加します。現在では食事で摂取する他にもサプリメントによって気軽に摂取する方法も流行しています。サプリメントで摂取する利点としては仕事が忙しくて偏った食事をしている人や発育途上の子供でも簡単に摂取する事が出来て仕事にも勉強にも良い効果を発揮します。