「AGE」が老化を促進する

体内で発生する活性酸素による「酸化」が細胞やDNAを傷つける事によって老化が起こるとされていますが、実は最近特に注目されているのが「糖化」という現象です。糖化によって生成されるAGEが老化の原因であることが判ってきました。

AGEは単一の物質ではなく多くの種類が存在するので複数形にして「AGEs」と表されることもあります。AGEはAdvanced Glycation End Productsの略で後期糖化生成物、糖化最終産物などと訳されます。「年齢」のageとは関係ないのですが老化に深くかかわる物質なのです。

糖化はたんぱく質や脂質が糖と結合する反応のことです。メイラード反応とも呼ばれ褐色のAGEを生成しますが、このAGEは食品にとっては重要な要素となっています。唐揚やケーキのきつね色などはAGEによるもので、香ばしい香りもAGEなのです。

加熱によって糖化反応は活発に行われますが、常温でも糖化は起こっています。体内では血液中のブドウ糖によって糖化が起こっています。血管や臓器のコラーゲンは血液中のブドウ糖と反応してAGEを生成し、コラーゲンを変質させてしまいます。血管や臓器の老化が起こっているのです。皮膚のコラーゲンが糖化されると、黄ばんで透明感のない肌になってしまいます。肌の老化です。

AGEは体内でも生成されますが、食品からも摂取されています。どうしても避けられないAGEですが、アンチエイジングを心がけるならば、AGEを溜めない生活習慣が大切になります。糖質を控えた食事も大切ですが、間食などはしないようにして、血液中のブドウ糖濃度が高い状態を持続させないようにしましょう。運動をすることも有効です。