肌老化の5つの原因

肌老化の原因にはおもに5つの原因があります。肌老化の原因には紫外線、乾燥、血行不良、ホルモン不足、糖化などがあり、健康な美しい肌を維持するには、それぞれの原因に合わせた肌老化防止のスキンケアが大切です。

肌老化に関係する紫外線にはUVAとUVBがあり、波長の長いUVAはコラーゲン、エラスチンのある真皮にまで到達して、コラーゲン、エラスチンを傷つけ、変性させて肌のハリや弾力の元である土台を壊してしまうのです。さらに真皮層にある線維芽細胞にダメージを与えてしまいます。線維芽細胞はコラーゲン、エラスチンを作り出す大事な細胞なのです。

UVBは波長が短く表皮でメラニン色素の生成を活発にします。紫外線が真皮に届かないように肌を黒くして紫外線をブロックする作用があります。しかし、メラニン色素はシミや肌のくすみの原因になるので、美肌にとっては大敵です。肌老化を防止するためにはしっかりとした紫外線対策が大切です。

乾燥による肌老化は肌表面にある角質の間を埋めている細胞間脂質の減少によって、細胞の隙間から水分が蒸発することによって起こります。細胞間脂質を補うスキンケアにはセラミドを含む化粧水や美容液、アミノ酸配合のスキンケアが乾燥による老化防止には良いでしょう。

血行不良によっても肌老化は起こります。美しいを保つためには新陳代謝が大切です。血行が悪いと肌の代謝に必要な栄養素と酸素が不足して代謝が遅れ、古くなった細胞が健康な新しい細胞になかなか置きかわらなくなって、肌の色がくすんでしまいます。健康的な肌の色は酸素をたっぷりと含んだ血液の赤い色が作り出しています。

女性ホルモンのエストロゲンは美肌に欠かせないホルモンです。エストロゲンの分泌が盛んだと肌の新陳代謝を活発にしてシミやシワを防ぐ効果があります。肌老化はエストロゲンの減少によっても起こるのです。睡眠不足や生活習慣の乱れ、ストレス、疲労などが原因でエストロゲンの分泌が乱れます。

エストロゲンは睡眠時に分泌が盛んになります。栄養バランスの取れた食事と軽い運動としっかりと睡眠を取ることでホルモンバランスが正常に保たれます。大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きがあり、食事やサプリメントで取ることができるので、肌老化の防止には積極的に摂るのもいいかもしれません。

糖の過剰摂取などで体内の糖が多い状態になると、たんぱく質と糖が結びついて糖化が起こります。コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質が糖化すると褐色の老化物質が蓄積して、コラーゲンはハリや弾力を失い肌が黄ばんで肌老化が起こります。さらにはコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞までダメージを受けてしまいます。糖化を防ぐには糖分と炭水化物の摂りすぎに注意して、運動などでカロリーを消費することも大切です。