血液中のアンモニア濃度が上がると

血液中のアンモニアは食事でとったたんぱく質が腸管内で分解代謝されて生成されます。アンモニアは「NH4+」または「NH3」の形で生成され、「NH3」には強い神経毒作用があります。そのためアンモニアは肝臓に送られて毒性の低い尿素に変換されたのち腎臓から排泄されます。

肝機能に障害があったり先天性尿素サイクル酵素欠乏症などで、血液中のアンモニア濃度が上昇しますが、肝機能の低下による場合は、非常に高い肝機能の低下があると考えられます。肝臓の予備能力が高いため肝臓の障害が大きくなって初めて症状が現れてくるのです。

血液中のアンモニア濃度が高い場合、肝障害の他に門脈体循環シャントが生じていることがあります。門脈体循環シャントはアンモニアを多く含む血液が肝臓を通らずに身体全体に流れます。肝臓を通らないために無毒化されない血液が身体中に流れることになります。

アンモニア濃度が高い血液は肝性脳症と呼ばれる意識障害を引き起こします。しかし、血液中のアンモニア濃度と肝性脳症の症状が必ずしも相関しないために、アンモニアのみで引き起こされているのではないとも考えられます。

肝性脳症に対する処置としては、内服薬や、特殊なアミノ酸製剤によって血液中のアンモニア濃度を下げ、アンモニアに代謝されるたんぱく質の摂取を制限します。