DHTは悪者なのか?

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性型脱毛症や前立腺肥大を発症させる悪い男性ホルモンとして知られるようになっています。精巣から分泌されるテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によってDHTに変換されます。5αリダクターゼは筋肉を除くすべての組織に存在してテストステロンをDHTに変換しています。

頭皮の毛乳頭に存在する5αリダクターゼによってDHTが生成されると、DHTは髪の成長をつかさどる毛乳頭の働きを阻害し、髪は成長しきらないままに脱毛してしまいます。男性型脱毛症はDHTが直接の原因物質ですが、男性型脱毛症の遺伝には5αリダクターゼが多く作られる体質が原因と考えられています。

また、5αリダクターゼには1型と2型があり、男性型脱毛症で問題になるのは2型の方です。2型の5αリダクターゼは前頭部と頭頂部に多く存在して、テストステロンを脱毛促進作用のあるⅡ型DHTに変換しているのです。側頭部、後頭部に多い1型5αリダクターゼは脱毛に関しての影響力はさほど強くありません。

しかし、男性型脱毛症に悩む男性にとってDHTは悪玉ホルモンのように言われますが、アスリートにとっては筋肉増強に必要なホルモンでもあり、人の脳や皮膚、性器などの活性にも重要な役割を果たしているのです。特に男性の成長の過程においては、DHTが神経系に作用して男性特有の神経構造や行動が形成されていくのです。男性の健康とパフォーマンスの維持にDHTは欠かせないホルモンなのです。