血液中のアンモニア濃度が上がると

血液中のアンモニアは食事でとったたんぱく質が腸管内で分解代謝されて生成されます。アンモニアは「NH4+」または「NH3」の形で生成され、「NH3」には強い神経毒作用があります。そのためアンモニアは肝臓に送られて毒性の低い尿素に変換されたのち腎臓から排泄されます。

肝機能に障害があったり先天性尿素サイクル酵素欠乏症などで、血液中のアンモニア濃度が上昇しますが、肝機能の低下による場合は、非常に高い肝機能の低下があると考えられます。肝臓の予備能力が高いため肝臓の障害が大きくなって初めて症状が現れてくるのです。

血液中のアンモニア濃度が高い場合、肝障害の他に門脈体循環シャントが生じていることがあります。門脈体循環シャントはアンモニアを多く含む血液が肝臓を通らずに身体全体に流れます。肝臓を通らないために無毒化されない血液が身体中に流れることになります。

アンモニア濃度が高い血液は肝性脳症と呼ばれる意識障害を引き起こします。しかし、血液中のアンモニア濃度と肝性脳症の症状が必ずしも相関しないために、アンモニアのみで引き起こされているのではないとも考えられます。

肝性脳症に対する処置としては、内服薬や、特殊なアミノ酸製剤によって血液中のアンモニア濃度を下げ、アンモニアに代謝されるたんぱく質の摂取を制限します。

「AGE」が老化を促進する

体内で発生する活性酸素による「酸化」が細胞やDNAを傷つける事によって老化が起こるとされていますが、実は最近特に注目されているのが「糖化」という現象です。糖化によって生成されるAGEが老化の原因であることが判ってきました。

AGEは単一の物質ではなく多くの種類が存在するので複数形にして「AGEs」と表されることもあります。AGEはAdvanced Glycation End Productsの略で後期糖化生成物、糖化最終産物などと訳されます。「年齢」のageとは関係ないのですが老化に深くかかわる物質なのです。

糖化はたんぱく質や脂質が糖と結合する反応のことです。メイラード反応とも呼ばれ褐色のAGEを生成しますが、このAGEは食品にとっては重要な要素となっています。唐揚やケーキのきつね色などはAGEによるもので、香ばしい香りもAGEなのです。

加熱によって糖化反応は活発に行われますが、常温でも糖化は起こっています。体内では血液中のブドウ糖によって糖化が起こっています。血管や臓器のコラーゲンは血液中のブドウ糖と反応してAGEを生成し、コラーゲンを変質させてしまいます。血管や臓器の老化が起こっているのです。皮膚のコラーゲンが糖化されると、黄ばんで透明感のない肌になってしまいます。肌の老化です。

AGEは体内でも生成されますが、食品からも摂取されています。どうしても避けられないAGEですが、アンチエイジングを心がけるならば、AGEを溜めない生活習慣が大切になります。糖質を控えた食事も大切ですが、間食などはしないようにして、血液中のブドウ糖濃度が高い状態を持続させないようにしましょう。運動をすることも有効です。

「DHA」の特徴と効果

DHAとは必須脂肪酸と呼ばれていて体内では合成できない成分です。正式にはドコサヘキサエン酸の略で主に脳細胞の神経組織を構成しています。体内のDHAが減少すると脳神経の伝達や発達が遅れてしまったり視力や学習能力にも悪影響が出てきます。

現在判明している疫学的な観点からはDHAを食事によって補給する事で神経細胞のシナプスに取り込まれ脳にとって良い効果をもたらす事が分かっています。その他にも血液の流動性が高まることで血栓が出来にくくなったり、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させることで多くの病気を改善させる効果もあります。

DHAは魚類に多く含有されており、その中でもマグロの目の周囲には沢山含まれています。その他の魚で毎日の必要摂取量を満たすならサンマかイワシでも充分な量を摂取する事が出来ます。調理の際にはDHAを逃がさないように煮物にしたり、酸化を防ぐために他のビタミンも取り入れる工夫をすれば効率的に摂取することが出来ます。

DHAは年齢と共に減少していき認知症の原因にもなっています。従ってDHAを意識して多く摂取する事で脳の学習能力が向上し記憶力も増加します。現在では食事で摂取する他にもサプリメントによって気軽に摂取する方法も流行しています。サプリメントで摂取する利点としては仕事が忙しくて偏った食事をしている人や発育途上の子供でも簡単に摂取する事が出来て仕事にも勉強にも良い効果を発揮します。

若年性認知症になりやすい原因とは

スウェーデンのウメオ大学遺伝学部の報告では、65歳未満で発症する若年性認知症の9つの危険因子が明らかにされました。1969年から1979年に兵役に就いた50万人近い男性を2011年まで追跡調査した結果、アルコール依存で認知症リスクが4.8倍になることが分かりました。

解析の結果は9つの項目で認知症発症のリスクの増大が確認されました。

アルコール依存     4.82倍
脳卒中         2.96倍
抗精神病薬の使用    2.75倍
うつ病・抗うつ薬の使用 1.89倍
父親の認知症      1.65倍
薬物依存        1.54倍
総合的認知機能     1.26倍(標準偏差から1さがるごとに)
身長          1.16倍(標準偏差から1さがるごとに)
収縮期(最大)血圧   10%減(標準偏差から1さがるごとに)

これらの若年性認知症の発症リスクを上げる9つの原因の中で、標準偏差から下がるごとにリスクが上がるという項目が分かりにくいのですが、正確ではありませんが大雑把な言い方をすると平均よりも低くなるとリスクが高くなることを示しています。血圧に関しては血圧が平均よりも低くなるとリスクが低くなります。つまり高血圧が若年性認知症のリスクになるということのでしょう。

若年性認知症は遺伝が関係していると言われていましたが、この結果では遺伝よりもアルコール依存や抗精神薬などの使用が脳に与える影響が強いことが分かります。以外なのは身長が認知症に関係してるということです。

また、この9つの原因の2つを持っていると若年性認知症になるリスクが最大20.38倍になることも報告されています。これらの要因を持つ場合は早めの対応によって若年性認知症の予防の可能性のあることが分かりました。

アバナフィルは第4のED治療薬?

アバナフィルは田辺三菱製薬が研究開発を進めていた日本発のED(勃起不全)治療薬でした。残念なことに開発・販売権は米国の会社に譲渡され、ステンドラという商品名で発売されたのでした。したがって日本ではまだ認可されていないので国内では販売されていません。

現在日本で認可されているED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの三種類ですが、アバナフィルは先発のこれらの治療薬の欠点を改善することを目的に開発されたようです。つまり、アバナフィルには即効性と食事の影響を受けないという特徴があるのです。

レビトラの速攻性とシアリスの食事の影響を受けにくい特徴を合わせ持ち、さらに効果が改善されていると言われています。バイアグラは性交の1時間前に飲むように推奨されていますが、アバナフィルでは30分前になっています。シアリスのように食事の影響を受けにくいので、空腹時に飲まなければならないこともありません。飲むタイミングを選ばないと言うことは、ムードを壊さずにいつでも自由に効果が得られるということです。

アバナフィルも他のED治療薬と同じで勃起を抑制するPDE5という酵素の働きを阻害して勃起を促す薬です。そのため他のED治療薬と同様の副作用が考えられます。顔のほてりや動悸、めまいなどの軽い症状が表われることがあります。また、硝酸剤などの薬と併用できないことも同様で、その他にも服用できない条件があるので注意が必要です。

アバナフィルは現在のところ個人輸入などでしか入手できませんが、他のED治療薬よりも併用できない薬の種類が多いのでよく調べてから使用しなければなりません。